HANABIRA PLATE

江戸時代から続く伝統ある信楽の窯元で焼く、花びらのようなプレート

IMG_1965_Original-4_edited.jpg

釉薬の研究からうまれた花びら

 

​一枚一枚花びらを集めて、組み合わせは自由自在。
信楽焼による色とりどりのプレートができました。

お皿を選べる毎日ってちょっと贅沢。

おもてなしや特別な日だけでなく、日常使いしやすいサイズ感です。

丈夫で良質な粘土は、滋賀県の豊かな土壌が生み出した自然の産物。

​釉薬の描け具合によって起こる鮮やかな色変化は、信楽焼の魅力のひとつです。

オリジナルロゴの刻印サービス

 

​一色30枚以上ご注文の場合はオリジナルロゴの刻印が可能です。

こちらよりご相談ください。

シリーズ一